pagetop

ヨルダンホストタウン受入に協力

ヨルダン選手団と松陽高校生徒交流

新聞紙上等でご覧になった方も多いと思いますが、2020年の東京五輪・パラリンピックに向けて、能代市がヨルダンのホストタウンとして登録されました。ヨルダンの大使、領事、選手団が能代を訪れて市民との交流を始めています。あきた白神ツーリズムでは通訳も含めて、来ている方々の受け入れに協力しています。

先日の空手の選手団と高校生の交流では、双方が習字や空手を通して異文化に触れ、大変有意義なものになりました。

大会前・開催期間中はもちろん、その後も文化・教育・経済面での交流が続くと期待されますので、当社としても受け入れ環境整備に協力していきたいと思います。